こらーげんぱん開発ストーリー

身体によくて、おいしくて、
笑顔あふれるパンを作りたい。
この思いが「麻布こらーげんぱん」の原点です。

スーパーフィッシュコラーゲン「これは面白い!」。

麻布こらーげんが生まれるきっかけとなったのは、「スーパーフィッシュコラーゲン」と出会ったこと。これはおもしろい!と直感的に感じました。 喫茶店を経営していますので、最初はコーヒーに入れようと考えましたが、無味・無臭のため、コラーゲンの存在が分からないのではないだろうか…。

そう思っていたとき、突然、パンに入れてみよう!とヒラメキました。
女性はパンが好き。そしてコラーゲンにも触手が動く。
だったら、この2つを組み合わせてみようという単純な発想でした。

失敗の連続。でもそれで終わりにしたくなかった。

でも、実際に作り始めてみると…何度作っても失敗の連続。
何社ものパン工場を回って試作を繰り返しましたが、納得のいくものができませんでした。 あまりの失敗の連続に、「やっぱり無理かなぁ・・・」と考えたこともありました。 でも、諦めたら失敗で終わってしまう。どうしても失敗では終わりたくなかったんです。

ベーカリー ビー シェフとの出会い。

ある日、飛び込みで入ったパン屋さんで私の想いを伝えたところ、「ぜひ、そのパンを作らせてください」と快く引き受けてくださる職人さんと出会いました。
4軒目でやっと出会ったパン屋さんでした。

ここから、新しいパートナーと再び試作を繰り返す日々。
コラーゲンの種類・比率、小麦の量、砂糖の量、塩の量、すべてを微調整し、何度も何度も作り直しました。

コラーゲンの量を2倍にしてみよう。

その中で、コラーゲンの量をもっと増やすと、素材の持つうまみを最大限に引き出すことができるのではないか?と思い、コラーゲン量を2倍に増やすことに。
職人さんには「そんなに原材料に使うともったいないですよ」と言われましたが、材料費を抑えて、おいしくないパンを作っても意味が無いと思いました。

そして、ようやく「おいしい!」といえるパンができ上がりました。
それが、「麻布こらーげんぱん」です。
特別な才能もない私でも、とにかくあきらめずやり続けることで、 一つの商品を生み出すことができました。

身体に良くておいしい「麻布こらーげんぱん」。

この身体に良くておいしい「麻布こらーげんぱん」を食べて、 多くの女性がワクワクして笑顔になり、イキイキときれいになってほしい。
それが、私の一番の願いです。

麻布珈琲店オーナー

こらーげんぱん開発ストーリー|コラーゲン こらーげんぱん開発ストーリー|オーブンで膨らむこらーげんぱん こらーげんぱん開発ストーリー|シェフ こらーげんぱん開発ストーリー|クルミとクランベリー こらーげんぱん開発ストーリー|オーナー こらーげんぱん開発ストーリー|オーブンで焼きあがるこらーげんぱん